忍者ブログ
ニュースの素朴な疑問
2017/12/17/Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/09/25/Thu
秋葉原連続通り魔事件の際、
インターネット掲示板に殺人予告を書き込み、
実行動に移した事実に触発されてか、

以降、掲示板へのイタズラ殺人予告が横行しています。

10代の学生、20代〜30代の社会人、
分別のあるはずの40代以上の中年など、
年齢問わず、イタズラの名の元に、
くだらない書き込みを行う者が後を絶ちません。

同時に威力業務妨害の容疑で逮捕される者も
多く報道されているにも関わらずです。

きっと逮捕されたとしても、厳重注意程度で
保釈されるのだとでも思っているのかもしれませんね。

さて、そんな安易で幼稚な見解を持つイタズラッ子達が、
震え上がってしまうような公判が行われました。


「小学校で小女子を焼き殺す」と掲示板に書き込み、
威力業務妨害の罪に問われた杉田敦史被告は、

「小女子は『コウナゴ』と読み魚の意味だ」
と面白みのない言い逃れを続けており、
対し、検察側は懲役1年6ヶ月を求刑したとの事です。


イタズラ書き込みで懲役1年6ヶ月。
判決は9月29日に言い渡されます。

お灸をすえる意味では厳しい気もしますが、
自分達の行っている行為がどれほど愚かな事か、
イタズラッ子達に気づかせるには
良い判例になるかもしれません。

愉快犯が愉快なまま終わる犯罪は無いという事ですね。



インターネットの掲示板に
「小学校で小女子を焼き殺す」と書き込んだとして、
威力業務妨害の罪に問われた
千葉県船橋市丸山の無職、杉田敦史被告の初公判が
24日、さいたま地裁(西野牧子裁判官)であったとの事。


「小女子焼き殺す」殺害予告で懲役1年6月求刑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000553-san-soci
PR
2008/09/24/Wed
日本プロ野球の代名詞とも言える人物と言えば、
即座に長嶋茂雄さんか、王貞治監督が思いつきます。

長嶋さんが監督としての第一線から退いて久しく、
プロ野球ファンとしては、今尚、とても寂しい日々ですが、

14年もの間、常にプロ野球監督として
活躍し続けた王監督がその寂しさを
埋めてくれていたと思います。


福岡ソフトバンクホークスのファンでない人も、
パ・リーグの他球団のファンの人も、
王貞治監督が嫌いな人ってとても少ないと思うんですよね。

WBCで日本代表を世界一に導いた実績もそうですが、
人間として尊敬に値する誠実さが最もたる理由でしょうか。

2006年のシーズン中に体調を崩し、
今年も本調子とは言えない状況での監督業。

残念な事に、リーグ5位と低迷するチーム成績の
要因となってしまったのも事実なのかもしれません。


そして23日、王監督が会見をし、
体調不良を理由に監督業から退く決意を表明しました。

つい先日には、WBCに向けた代表監督の
最有力候補として名前が出ていただけに、
残念の一言に尽きます。

ただ、王監督の体調不良は周知の事実でしたので、
日本代表監督の重責を担わせるのは、
あまりにも無茶な話でしたけどね。


ともあれ、王監督お疲れ様でした。

ゆっくり静養して、元気のある時は、
是非野球解説をお願いします。



プロ野球、福岡ソフトバンクホークスの
王貞治監督(68)が23日、体調不良を理由に
今季限りで勇退することを表明したとの事。


<ソフトバンク>王監督、今季限りでの勇退表明…体調不良で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000024-mai-base
2008/09/22/Mon
ミニカーと言えばトミカと言えるほど、
車の玩具では圧倒的な知名度を誇るのが、
現在のタカラトミーです。

(私の子供の頃はトミー)

最も、タミヤなどのライバルメーカーは、
ラジコンやミニ四駆などに力を入れており、
メーカー同士で住み分けも出来ていたみたいですね。


幼稚園児ごろから小学校低学年までミニカーに惹かれ、
それ以降から、メディア展開に引っ張られる格好で
ミニ四駆の軽量化に勤しむのが、
現在の30代の子供の頃のパターンでしょうか。

コロコロ派だったか、ボンボン派だったかでも
相当違ってくるとは思いますが。

で、大人になると、もう一度ミニカーにハマる人も多く、
改めてミニカーの魅力を再認識してしまうわけです。


タカラトミーが地雷除去機のミニカーを378円で発売し、
一台売れるごとに約10円を
地雷撤去の支援団体に寄付すると発表しました。

これは良い企画ですね。

寄付だけで考えると、自発的な行動が必要なわけで、
10円を寄付するにも、結構労力がいるものですが、
ミニカーを気軽に購入して、尚且つ寄付になるというのは、
ユーザーとしても気持ちが良いものです。

子供に買ってあげるお父さんは、
独特の風貌をしている地雷除去機の説明をする事で、
教育の一環にもなりますし、一石三鳥くらいになりますね。

あまりに定番の玩具ですから、今後も"寄付シリーズ"として、
社会貢献してくれるとファンとしても嬉しいです。



「タカラトミー」(東京都葛飾区)は20日、
地雷除去機のミニカー「トミカ」を378円(税込み)で発売するとの事。


<地雷除去機ミニカー>1台ごとに10円 地雷除去に寄付
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080920-00000007-maiall-ent
2008/09/22/Mon
笑う犬の生活に始まり、笑う犬の太陽までの約5年間、
今では伝説的番組となった「笑う犬」シリーズ。

ウッチャンナンチャンの内村光良さんの、

「純粋コント番組を作りたい」

との一言で始まった番組ですが、
当時は、確かに「お笑い」の形が多様化していて、

(当の本人の内村さんも、バラエティ番組で
社交ダンスをやっていたくらいですからね)

「笑う犬」のコンセプトは逆に珍しかったです。


1998年当時、世間的認知度の高まってきたネプチューンが、
冠番組を得る足ががりとなったのが、「笑う犬」でしょう。

左遷を続ける「小須田部長」や、
力技で笑わせてくる「テリーとドリー」。

あらゆる修羅場を土下座で収める
「関東土下座組」などが個人的なお気に入り。


逆に、CDなどがヒットした「ハッパ隊」などは、
笑う犬のコンセプトから外れたものに感じて、
あまり好きになれませんでした。

というよりも、ゴールデンに進出した、「笑う犬の冒険」から
南原清隆さんが参加したのも、ちょっと違和感を感じたくらいです。

ナンチャンが嫌いとか、そういう意味ではないですよ。

純粋に"違ってきた"と思い始めたきっかけかなと。


さて、そんな「笑う犬」が9月30日に、「笑う犬・2008秋」として
一夜限りの復活を遂げるのですが、派手な展開はせずに、
淡々とコントを繋げてほしいなと思っています。

つまり、一夜限りで観たいのは、
「笑う犬の生活」なんですよね。



お笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良が率いて、
かつて大ヒットしたバラエティーが30日、
一夜限りの特番「笑う犬・2008秋」として復活するとの事。


ミル姉さんが案内役「笑う犬」一夜限り復活
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080920-00000049-spn-ent
2008/09/18/Thu
落雷などの天災について、"どこまで"、
そして"誰が"責任を負うのか、今後の学校部活動に対して、
重要な裁判が行われています。


12年前、サッカー大会の試合中に落雷事故に遭い、
重度の障害を負った私立土佐高校の元生徒が、
同校と大会運営に関与していた高槻市体育協会相手に、
損害賠償を求めていた訴訟の差し戻し控訴審判決が
17日に高松高裁でありました。

その判決は、同校などに総額3億円余の支払い命令。

天災に関わる判決としては、
一見、不可思議な判決にも感じますが、
落雷を回避する義務を怠ったとの判断の様ですね。


12年前のサッカー大会当日、
試合開始前から会場を含む周辺地域に対し、
雷注意報が出されていました。

この注意報を軽視したのか、知らなかったのか、
その背景は分かりませんが、
高槻市体育協会は試合を予定通り運営し、
私立土佐高校側も、生徒の避難や
試合の延期の申し入れ等を一切行わなかったそうです。

つまり、表面上は落雷による不可避な天災に見えますが、
実態は、避難を怠った"人災"として判断されたのでしょう。


スポーツにおける落雷による事故は、
ゴルフなどでよく聞く話ではありますが、
ゴルフのような個人プレーと違い、
サッカーのような集団スポーツでは、
選手、生徒が自主的に避難する事は難しいです。

とは言うものの、よっぽど局地的な雷雲が発生していない限り、
落雷の危険性を大会側や学校側が察知する事も、
正直言って難しいですよね。

たとえば、雷雲が高松市全域を覆っていたのなら、
高松市のどこに雷が落ちても、おかしくないわけです。

つまり、限りなく予測不能であると。


原告となった元生徒には、当然訴える権利がありますから
訴訟そのものは起こりえるものなのですが、
裁判所が、"人災"としてしまった事はやっぱり不可思議。

原告の主張も分かるし、学校と協会の事情も分かるし、
・・・難しいですね。



サッカー大会の試合中に落雷に遭い、
重度の障害を負った私立土佐高校(高知市)の
元生徒北村光寿さん(28)と家族が、
同校と大会運営に関与した高槻市体育協会を相手に
約6億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の
差し戻し控訴審判決が17日、高松高裁であったとの事。


落雷事故で3億円賠償命令=「回避可能」、
高校などに−差し戻し審で高松高裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000092-jij-soci
2008/09/17/Wed
「夏の日の1993」が有名な男性デュオ"class"。

登場したばかりの頃は、
音楽番組にもあまり顔を出さず、
津久井克行さんと日浦孝則さんの雰囲気は、
CDジャケットからイメージするしか
ありませんでした。

当時、彼らに抱いていた印象は、
"チャゲ&飛鳥"の二番煎じ。

特に、津久井さんは、帽子にサングラスと、
チャゲさんのトレードマークそのままでしたし。

だから最初の頃、"class"には
あまり良い印象を持っていませんでした。

しかし、「夏の日の1993」の力強いハモリは
たちまちカラオケ好きの間で人気となり、
あっという間にミリオンヒット。

私もカラオケに行く度に、歌っていましたし、
今でも定番として歌います。


さて、"class"がメンバーを変更して、
12月3日に「冬の日の2009」をリリースします。

「夏の日の1993」は二番煎じの印象から脱却して、
大ヒットソングとなりましたが、

今回も、前作の二番煎じの印象から脱却して、
見事に大ヒットとなるのでしょうか。

聴いてみたいけど、聴きたくない。



90年代にヒットした「夏の日の1993」で知られる
男性デュオ「class」の新メンバーとして、
異色の新人が加入する。

プロゴルファー・横尾要選手のコーチで、
大リーグ・松坂大輔投手をはじめ
虎戦士とも親交の厚い異色の経歴の持ち主、
岡崎公聡(48)だとの事。


classに異色新人…松坂ら友情出演?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000004-dal-ent
2008/09/16/Tue
"新人中年女性お笑い芸人"として登場した時は、
最有力の一発屋候補だと思われていたエド・はるみさん。

失礼ながら、芸が圧倒的に面白いわけでもなく、
お笑いブームの真っ只中での登場も、
勢いと話題性だけで世に出てきたものだと思っていました。


それでも24時間テレビのマラソンランナーに
選ばれるほどの人気を得たのは何故なんでしょうか?

それは、お笑い芸人としては正しくないかもしれませんが、
彼女の人柄なのかなぁと思ったりします。


テレビ番組でのトークを聞くたびに思える、
エド・はるみさんの誠実な人柄。

人をけなして笑いを取るのではなく、
"グゥ〜"に集約されているように、
あくまでポジティブなネタで笑いを誘う芸風。

加えて、マナー講師の前歴を生かした、
聞きやすく、好感の持てる喋り方。

そして何よりも、性別も年齢も関係ない、
地で行くサクセスストーリー。


彼女を見ていると、長年の努力が実った充実感が、
まるで我が事のように、感じるんですよね。

CMやテレビ番組でエド・はるみさんを見かけると、
嬉しい気持ちになったりしません?

私は嬉しくなるんですよね。


お笑い芸人は人を笑わせてナンボの世界ですが、
人を微笑ませる存在のエド・はるみさんは、
特殊であり、唯一の存在なのかなと思います。

芸能界でオンリーワンの存在なら、そりゃ売れますよね。



女性お笑い芸人、エド・はるみ(年齢非公表)が、
所属する吉本興業グループのスタッフ養成校
「YCC(よしもとクリエイティブカレッジ)」で、
前職のマナー講師に“復帰”することが14日、分かりました。


エド・はるみ先生が前職生かして教えます!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080915-00000041-sanspo-ent
2008/09/12/Fri
横綱であり、外国人力士である白鵬が、
大麻騒動で大相撲を解雇された若ノ鵬に対し、

「若ノ鵬にはもう一度やらせても
いいんじゃないかという気持ちにもなる」

と、同情的な意見を持っている事を明らかにしました。

これには、同意できる人も多いんじゃないかなと思います。
私も正直同じ感情を持っています。


おそらくは、今回の大麻使用騒動が
若ノ鵬だけの問題だったのなら、
どんなに謝罪をしても、決して同情的な意見は
出てこなかったでしょう。

しかし、露鵬がマスコミに対して放った、

「武蔵川理事長の陰謀発言」
「実は大麻使用を一端認めていた事実」

などが明らかになるに連れ、素直に反省と謝罪をし、
大相撲へ純粋に戻りたいと訴える若ノ鵬が、
よっぽど真面目な人間に見えてきてしまいます。

外国人力士への教育が満足でなかった、
相撲協会側の責任も重大なものでしょうから、
そこは協会と力士「痛み分け」として、
新弟子扱いで復帰させるとか・・・無理でしょうね。


テレビの世界ではどうだろう?
悪役俳優とかで、需要ありませんか?

本当の悪人じゃないでしょうから、
露鵬とは違って、多少の愛嬌はありますよね。

何でもありのテレビ業界、いかがです?



大相撲の一連の大麻騒動に関して、
横綱の白鵬が11日、

「若ノ鵬にはもう一度やらせても
いいんじゃないかという気持ちにもなる」

と、解雇された若ノ鵬に同情的な姿勢を見せたとの事。


<大相撲大麻疑惑>白鵬、元若ノ鵬に同情「もう一度機会を」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000068-mai-spo




楽天
プロフィール
HN:
ラッキーママ
性別:
非公開
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]