忍者ブログ
ニュースの素朴な疑問
2017/08/18/Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/22/Wed
ひったくりや泥棒等の犯行というのは、
それを生業にしている常習犯である場合や、
生活苦などの一瞬の気の迷いから、
魔が差した格好で及んでしまうケースなど様々です。

犯罪は犯罪ですから、犯人本人の
それまでの経緯なんてどうでも良いのですが、
被害に遭う側の心構えに関しては、
常々防犯を心掛ける必要性は多分にあります。


10月20日、兵庫県神戸市で、
自転車に乗って帰宅しようとしていた55歳の女性が、
前から近づいてきた男に現金入りのバッグを
ひったくられたそうです。

その被害額、なんと約2,000万円!

この女性、被害に遭う直前に、
近所の寿司屋で知人らと食事した際、
札束の一部を見せていたそうなんです。


軽率の一言に尽きますね。

まず自身が体力的に弱い女性である事。
そして年齢も決して若く無い事。
大金を持ちながら自転車で移動する事。
そして何より、札束を公然に晒す事。

その全てが軽率。

これでは、常習のひったくり犯ならもちろん、
その場に居合わせた一般の人だって、
盗んでやろうなんて悪い考えが沸いてもおかしくないです。

当然盗んだ犯人が一番悪い事に間違いはないのですが、
所持金に見合った防犯の意識を持たないと、
冗談ではなく「盗んでくれ」といっているようなものです。


でもどうなんだろう。

私は2,000万円を持ち歩いた経験なんて無いですが、
持っていたら見せびらかしたくなるものなんですかね?



20日午後11時40分ごろ、
兵庫県神戸市兵庫区荒田町の荒田公園で、
止めていた自転車に乗って帰宅しようとした
同市兵庫区新開地の無職女性(55)が、
前方から近づいてきた男に
現金約2000万円入りの革製のビジネスバッグを
ひったくられたとの事。


無職女性、2000万円ひったくられる チラ見せがアダ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000528-san-soci
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




楽天
プロフィール
HN:
ラッキーママ
性別:
非公開
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]