忍者ブログ
ニュースの素朴な疑問
2017/10/20/Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/04/Fri
キムタクが総理大臣を演じるドラマ「CHANGE」も、
いよいよ最終回を目前にして盛り上がりを見せています。

視聴率も良くなってきているみたいですね。

現実には決して存在しない政治家としてのヒーロー像が、
視聴者に無いものねだりを満たしてくれているのだと思います。

ちょっと驚いたのが、アメリカの経済紙、
ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が、
この「CHANGE」を知っているという事です。

WSJは、木村拓哉さん演じる朝倉啓太首相と
福田康夫首相の写真を並べて、

「福田首相の地味なスタイルは国民をいら立たせている」

と皮肉っています。

民主党の小沢代表とならともかく、
ドラマの登場人物と比較、しかも相手が木村拓哉さんですから、
さすがにそれは可哀相ですね。

しかしながら、理想の総理大臣を作り上げたキャラクターが
朝倉啓太首相ですから、
福田首相も少しドラマを見てみてはいかがでしょう。

「木村さんと比べたら日本の政治家の誰もが負けますよ」−。

町村信孝官房長官は2日の会見で、
1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが
テレビドラマ「CHANGE」(フジテレビ系)で首相役を演じる
木村拓哉さんと福田康夫首相を比較した報道に反論しました。


キムタクには「誰も勝てぬ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000073-san-pol
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




楽天
プロフィール
HN:
ラッキーママ
性別:
非公開
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]