忍者ブログ
ニュースの素朴な疑問
2017/07/27/Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/23/Wed
東野圭吾×二宮和也×宮藤官九郎

これは…!
期待をしないわけにはいきません。

東野圭吾は、百夜行ドラマ化が原作ファンから「失敗だ」と言われいるのに、よくまたドラマ化しようと決心しましたよね。
「秘密」「手紙」の映画化は成功だったといえるので、もう映画化しかしないのかと思っていました。
でも、またドラマになってくれてうれしい。映画もいいのですが、基本的に一回見に行ったら終わりだし、テレビドラマで毎週の楽しみが出来るって嬉しいことです。

東野圭吾のドラマが見れる…というだけも喜ぶべきことですが…

今回の主役は二宮和也。
これは…!今回はうまくいきそうな気がしてたまらないのですが…。

  クリント・イーストウッド、蜷川幸雄…世界のビッグネームからも演技力を認められている二宮和也(嵐)ですが、最近は、漫画原作のドラマに主演していたりして、その実力を出す機会が少なかったと思うんです。
もちろんそんな役も、可愛らしいのですが、それよりも蜷川幸雄監督の「青の炎」に見られるような深い悲しみを持つ役がものすごくうまいと思います。

東野圭吾の書く世界観とめちゃくちゃあいますよね。

東野圭吾×二宮和也で納得していたのに、しかもさらにクドカン脚本。

クドカンはコメディタッチの印象しかないので、「しかもクドカン」というところによけいに惹かれました。
東野圭吾と二宮の世界をいい感じにいじってくれそうです。

ちなみに二宮の弟役は錦戸亮で、まったく似ないから配役に不満という意見も多いようです。でも痩せてて背が低くて、陰のオーラがある点では似てますよね。

二宮&錦戸がクドカン脚本で豪華初共演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000005-dal-ent http://news.livedoor.com/article/detail/3741423/
東野圭吾「流星の絆」二宮和也でドラマ化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000009-nks-ent http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/p-et-tp0-080723-0007.html
二宮和也、ドラマ主演「本能えぐる作品に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000016-sanspo-ent
二宮&錦戸&戸田が詐欺師兄妹…10月スタートTBS系「流星の絆」
http://news.livedoor.com/article/detail/3741246/

関連記事
http://www.oricon.co.jp/
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




楽天
プロフィール
HN:
ラッキーママ
性別:
非公開
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]