忍者ブログ
ニュースの素朴な疑問
2017/10/20/Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/16/Wed
ここ最近の個人的に起きていた、ドラマ離れの最中、
『CHANGE』だけは、結局最初から最後まで観てしまいました。

キムタクが総理大臣になるというキャッチーなテーマと、
現実とも、非現実とも取れる、ギリギリのリアリティを保ちつつ、
エンターテイメントとしての面白さを失うことなく、
最後まで、挑戦的に突き進んだ作品だと思います。

これですね、本物の政治と絡めて考えて、
「そんなわけないだろ」とか言ってはいけないんですね。


だって、エンターテイメントだから。


ウルトラマンや仮面ライダーなどのヒーローへの憧れを
総理大臣として演出している物語ですから、
政治理論認識が甘いだとか、重箱の隅をつついてもしょうがない。

そんな事よりも、朝倉啓太総理が、最後に訴えかけた
20分以上の長回しのシーン。

テレビドラマでここまで挑戦的な演出は、
ここ最近観てませんね。

その20分に語られた内容の出来についてどうこうよりも、
20分を長回ししてまで伝えたい事があった『CHANGE』を
「努力したテレビドラマ」として評価します。


海外ドラマみたいに、
もう3ヶ月やるわけにはいきませんか?



キムタクこと木村拓哉が総理大臣を演じることで
話題を呼んでいたフジテレビ系の月9ドラマ『CHANGE』が
14日(月)、ついに最終回を迎えビデオリサーチによる
視聴率で27.4%(関東地区・世帯平均)を記録。

全回を通して最高視聴率、
および08年ドラマ視聴率(1月から7月14日まで)においても
『ごくせん』(初回)の26.4%を抜いて最高値を記録したとの事。


キムタク総理ラストメッセージで有終の美、08年ドラマ視聴率最高記録
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000001-oric-ent
PR
COMMENT
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:




楽天
プロフィール
HN:
ラッキーママ
性別:
非公開
バーコード
Design by Nijiko [SUCUREなオカメインコ]
忍者ブログ [PR]